2006年10月30日

ソフトバンク連日停止、携帯番号継続契約

ソフトバンクモバイルは29日、携帯電話の番号を変えずに他社に乗り換える契約の受付業務を前日に続いて停止した。処理能力不足が主因とみられる。NTTドコモやKDDI(au)は29日、原因の明確な説明や早期回復を求める抗議書を提出、24日から始まった携帯電話の番号継続制度は幕開けになった。
 ソフトバンクは29日午前、前日に停止していた携帯電話の契約受付を再開した。
乗り換えなどを求める申請が増え、正午以降に乗り換えの受付を再停止した。
顧客対応にドコモとソフトバンクに書面で抗議書を提出。明確な原因の説明とともに対策を早期に実施するよう求めた。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(ニュースクリップ にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form