2006年12月04日

中国の検索エンジンBaidu、日本進出へ

中国の大手検索エンジンBaidu.com(百度)は12月4日、2007年に検索市場に参入する意向を発表した。Baiduは中国市場で首位を走っている検索エンジン。
6月の中国調査会社Analysys Internationalの調査では、同国でシェアを握っていた。2位はYahoo! Chinaで21.1%、Googleは3位でシェア13.2%だった(6月23日の記事参照)。同社は2005年8月にNASDAQ市場に上場、上場初日には株価が4倍に急騰した。
同社は日本語検索技術の開発について、6カ月以上に及ぶ研究を行ったとしている。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(ニュースクリップ にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form