2007年01月16日

著作権法改正へ--検索事業者のデータ利用、著作権の許諾なしでも可能に

知的財産戦略本部(本部長・安倍首相)は著作権法改正に向けた改正法案の作成する方針を固めた。5~6月をメドに「知的財産推進計画2007」を取りまとめ、政府として著作権法改正の骨組みを提示する。
著作権法は著作権侵害にあたらないと認めており、Googleやネット検索事業者の日本法人は、検索サーバを海外に設置するなどし、著作権法の適用を回避している。例外項目として「検索のための複製や編集」を盛り込み、ネット検索のデータ複製や編集は著作権侵害に当たらないことを明確化。
著作権者に一定の補償金を支払えば許諾なしで文書をネットに保存・公開できる仕組みも検討。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(ニュースクリップ にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form