2007年01月17日

目指せ!ドラゴン桜 セガトイズの教育用ゲームソフト

玩具メーカーのセガトイズは、「東大に入るための幼少期の過ごし方」(同社)を紹介する教育用テレビゲームソフト「できる子になる生活習慣 ドラゴン桜幼児編」を、3月3日に発売する。

知育玩具に力を入れている同社は、1000人の現役東大生を対象に、子供のころの生活習慣や遊び方についての調査を実施。結果から浮かび上がってきた「いつも父親と晩ご飯を食べていた」などの「意外な特徴」(同社)をクイズ形式にし、親子で楽しめるソフトにした。

幼少時の「好きな遊び」に選ばれたパズルや、迷路づくりゲームもできる。落ちこぼれ学生が東大に入る人気漫画「ドラゴン桜」を下地に登場人物を設定した。同社のゲーム機「ビーナ」専用で、価格は4179円。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(ニュースクリップ にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form