2007年04月10日

アイピーモバイル、携帯事業参入を断念…資金調達難で

新規参入用として電波を総務省に返上する見通しだ。
同社は2005年11月に総務省から2ギガ・ヘルツ帯の周波数を携帯電話事業への参入が認められた。
総務省は電波返上を認め、再割り当ての検討に入る方針だ。
総務省は05年11月、アイピーモバイルとともにソフトバンクとADSL(非対称デジタル加入者線)大手イー・アクセスの子会社のイー・モバイルの2社に携帯電話事業への新規参入を認めた。
このうち、ソフトバンクはボーダフォン日本法人(現・ソフトバンクモバイル)を買収し、新規参入用として電波を返上しており、新規参入は、イー・モバイルのみとなる。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(ニュースクリップ にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form