2008年01月25日

任天堂の通期売上予想1兆5500億円は「控えめ」--アナリストが指摘

任天堂は上半期の財務報告で、投資家に対するよいニュースとして、売上高が6948億円、利益が1324億2000万円であり、これはどちらも前年同期と比べて倍増だとした。豪雨もいずれは上がっていくように、一部のアナリストは好調の長期的な持久力には懐疑的になってきている。
この著名なゲーム業界専門家は米国時間1月22日、任天堂の成績は、3月31日に終了する2008会計年度の業績予測を上回ろうとしていると述べる。Pachter氏は任天堂の業績予測の通期の売上高1兆5500億円は同社は業績予想を上方修正するだろうと考えている。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(ニュースクリップ にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form