2008年01月28日

PCウイルス作成者、日本で初逮捕…著作権法違反容疑で

アニメ画像を無断で使ったコンピューターウイルスを作成したとして、京都府警ハイテク犯罪対策室と五条署は大阪府泉佐野市の大学院生ら20代と30代の男3人を著作権法違反容疑で逮捕した。また、同容疑で自宅など数カ所の家宅捜索を始めた。ウイルスの作成者が摘発されるのは、日本では初めてという。個人情報の流出など、ウイルスによる被害は後を絶たないが、日本にはウイルスの作成自体を処罰する法律はない。
このため府警は、ウイルスに使われていたアニメ画像を無断で使用した著作権法違反の容疑を適用し、作成者の立件に踏み切った。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(ニュースクリップ にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form