2008年02月01日

B・ゲイツ氏の「創造的資本主義」--企業は何をなすべきか

エンジニアで、Helps Internationalのバイスプレジデントを務めるO'Neal氏は、効率のよい薪ストーブを考案し、ラテンアメリカで暮らす人々に安価で提供している。
ストーブ内のセラミック層のおかげで、燃焼室の温度は華氏1400度(摂氏760度)にまで上昇する。
この温度になると、木材は木材から出る油まで完全に燃焼する。この薪ストーブがあれば、家族が薪を探して費やす時間を減らせる上、地域の森林破壊の進行を遅らせることもできる。
それ以上に重要なのは、(床に穴を掘って作った昔ながらの炉でよく起こる)火傷事故で重傷を負ったり、一酸化炭素中毒に子どもの数を減らせることだ。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(ニュースクリップ にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form