2008年03月09日

課金、広告、物販--モバイルビジネスを支える3つの収益モデル

収益モデルについて考察を加えたい。モバイルに限らず、収益モデルは「ユーザー課金ビジネス」「広告ビジネス」「物販ビジネス」の3つに大別できると考えている。ビジネスはその延長線上か、コンビネーション(2つないしは3つの要素を掛け合わせた形)で存在する。プロモーションサイトも広告ビジネスの一環ととらえて考えている。分野について、マーケット規模の予測は企業が出している。
野村総合研究所は、ユーザー課金のモバイルコンテンツ市場規模が2007年度の3530億円から2011年度には3864億円になると予測している。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(ニュースクリップ にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form