2008年05月01日

1000万ユーザー規模のサービスを京都から

はてなが本社を京都に移転した。インターネットサービス開発のための人員を結集し、京都本社を拠点と計画だ。上げのために米国で活動してきた代表取締役の近藤淳也氏も活動拠点を京都に移し、サービス開発に集中している。移転の背景には、海外で事業を立ち上げること、海をまたいだ複数拠点で会社組織を動かすことの難しさがあったというが、近藤氏は前向きだ。
いたという京都は、「新しいというよりも懐かしいという感じで、環境的にはやっぱり良い」と語る。新生はてなは京都からどのような価値を生み出していくのだろうか。
近藤氏に聞いた。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(ニュースクリップ にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form