2008年06月23日

「Windows XP」の時代、まもなく終焉

移行期間の後の6月30日、Microsoftの1つの時代は終わりを迎えるが、実際には、時代が終わる日だ。
間近に迫った非常勤職への移行について言いたいことは山ほどある。時代、すなわち時代が終わりに近づいている。6月30日以後、大手PCメーカーは、主力のノートPC、デスクトップPCでは、PCを販売でなくなる。
運動(と多方面から相次ぐ「Windows Vista」への批判)にも関わらず、Microsoftはあとわずか2週間に迫った期限を変更するつもりはないようだ。
XPはほとんどのPC購入者の選択肢として消えるが、さまざまな方法で生き続ける。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(ニュースクリップ にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form