2008年08月04日

北京五輪の取材記者ら、中国のネット検閲不安視

開幕が迫る中、報道陣は、五輪開催中、彼らに開放されないと予測されるものが1つことが分かった。記事によると、五輪を主催する中国はこれまで、取材を行う報道陣は開催期間中、メインプレスセンターや競技場でインターネットを自由に利用できると確約したにも関わらず、その確約を撤回したという。
中国は、五輪開催地に立候補した際、国際的主催者らに対し、「完全な報道の自由」を確約した。
主催者らはメンバーに対し、インターネット検閲は中国市民に対しては日常的に行われているが、五輪開催中、報道陣に対しては行わないと語っていた。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(ニュースクリップ にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form