2008年10月24日

インテルが「iPhone」酷評、アップルとの蜜月は終焉へ

Intelと蜜月は、苦い結末を迎えたようだ。幹部は、チップを採用していないことを理由に、「フルインターネット機能」を提供していないスマートフォンの典型例の1つに「iPhone」を加えることに決めたようだ。
iPhoneをやり玉に挙げるのはこれがだ。Intelは、対決姿勢をあらわにすることで、次世代モバイルコンピュータ市場に進出を図ってきた。
Intelでは、x86アーキテクチャによるものである以上、次世代の高性能モバイルコンピュータ向けのソリューションはx86アーキテクチャしか考えられないと主張している。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(ニュースクリップ にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form