2008年11月22日

アップル、ワーナーミュージックら3社と協議中か

デジタル著作権管理(DRM)ソフトウェアで保護されていないEMI Groupの楽曲が「iTunes」で販売開始されてから1年が経過した。いものの、ある情報筋は、このうち主要レーベル1社が、最終契約の一歩手前にまで来ていると語った。
ソニーが、論争の的となってきたDRMソフトウェアなしの楽曲販売を、(iTunesで)開始するのではないかとのうわさで、この1週間持ちきりである。筆者が知る情報筋を通じては、このうわさの真偽を確かめることはできなかった。主要レーベルの広報担当も、この件に関してコメントを拒否している。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(ニュースクリップ にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form