2008年12月06日

オンライン匿名性の終焉

匿名で顔のないIPアドレスの代わりに、変化し続けるテクノロジによって、「現実」世界と「仮想」世界の境界が不鮮明になってきている。Web 2.0は、サイトでは写真を投稿し、別のサイトではStumbleUponでブックマークを登録し、Diggに参加するなど、自分の生活の断片をネット上で共有することで、自分のアイデンティティが部分的に公開されて行く世界を造り出した。ソーシャルメディアの登場は、新しいウェブを急速に形作る変化の1つにすぎない。
 近い将来のウェブでは、匿名性は存在しない。
時代は急速に終わりを迎えるだろう。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(ニュースクリップ にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form