2009年01月08日

環境技術へのベンチャーキャピタル投資は2008年、約40%増

Cleantech Groupが米国時間1月6日に発表した統計の速報値によると、2008年に環境技術に投資されたベンチャーキャピタル投資総額は、薄膜型太陽電池メーカーへの大型投資が追い風となり、大きく伸びたという。同レポートによると投資総額は前年比38%増の84億ドルだった。
成長を担ったのは太陽エネルギー関連の投資で、総投資額の40%を占めた。
中でも、薄膜型太陽電池への投資は多く、NanoSolarがSolyndraがSoloPowerが2億ドルと投資額上位3件を独占した。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(ニュースクリップ にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form