2009年01月26日

三洋電機と新日石が合弁会社「三洋ENEOSソーラー」を設立

三洋電機と新日本石油は1月23日、薄膜太陽電池における製造技術の開発、製造、販売を手がける合弁会社「三洋ENEOSソーラー」を設立した。薄膜太陽電池でリーディングカンパニーを目指す。三洋ENEOSソーラーは、三洋電機がHIT太陽電池で培った要素技術、薄膜太陽電池の基礎技術と新日本石油が持つガスの原材料技術、中東産油国との信頼関係といった、強みをいかし展開していくという。
三洋電機と新日本石油の出資比率は対等出資となる。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(ニュースクリップ にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form