2009年01月22日

IBMがメインフレーム市場で反競争的行為

IBMがメインフレーム市場でその地位を濫用してきたと主張する申し立てが、現地時間1月20日に欧州委員会へ提出された。米国に本拠を置く小規模な声明によると、同社はこの申し立てで、IBMには「メインフレーム業界においてその独占的な力を濫用してきた歴史がある」と主張しているという。
T3は声明の中で、同社はかつてメインフレームを販売していたが、後にAmdahl(現在は富士通の傘下)が最初に開発したメインフレーム「Liberty」の販売に移行したと述べている。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(ニュースクリップ にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form