2009年02月28日

NTTの営業活動に総務省が査定、行政指導

総務省は2月25日、「競争セーフガード制度の運用に関するガイドライン」に基づく2008年度の検証結果を公表した。電気通信業界における競争条件の公平性確保を目的に2007年4月に策定されたガイドラインだ。
その後、再度募集した意見結果をもとに報告書が取りまとめられた。その結果、NTT東日本/西日本に対して改善を要請する事項として、加入電話の移転・転居の手続きの際に営業活動が行われている、NTT自体が地デジ放送へ参入するように広告活動が行われている、NTTと県域子会社の役員兼務の実態―の3点を掲示。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(ニュースクリップ にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form