2009年02月12日

カメラ4社 通期見通し

 カメラメーカー大手4社の2009年3月期第3四半期(4~12月)連結決算が出そろった。デジカメの競争激化や円高の影響により、第3四半期までの累計で、イメージングソリューション部門の営業利益が、前年同期の160億円の黒字から営業赤字に転落した。
上期は好調に推移したフラットパネルディスプレー材料事業も、昨年9月以降のパネルメーカーの急激な生産調整が直撃。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(ニュースクリップ にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form