2009年03月17日

富士通 3%給与カット

電機や人件費を圧縮する動きを強めている。景気悪化で、業績が軒並み低迷し、回復のめども立たないためだ。富士通は12日、課長級以上の幹部社員を対象に給与を一律3%カットする方針を明らかにした。
2月に東芝にハードディスク駆動装置(HDD)事業の譲渡を決定するなど事業再編を進めているほか、子会社の富士通マイクロエレクトロニクスでは、正社員約5000人に副業を容認するといった取り組みもいる。給与カットに踏み切らざるを得ないとの判断だ。電機各社は赤字決算に転落するケースが目立っている。
このため人件費の抑制は、富士通に限らない。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(ニュースクリップ にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form