2009年05月28日

DNSサーバソフトウェア「NSD」にバッファオーバーフロー脆弱性

独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA/ISEC)および有限責任中間法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は5月22日、NLnet Labsが提供するDNSサーバソフトウェア「Name Server Daemon(NSD)」に脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。脆弱性は、「NSD 2.0.0から3.2.1まで」に存在する。
この脆弱性を解消した最新版を提供しており、バージョンアップするよう呼びかけている。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(ニュースクリップ にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form