2009年05月07日

東芝、富士通からHDD事業を譲り受け

東芝と富士通は4月30日、東芝がHDD事業を譲り受けることで最終契約書を締結、7月1日を目標に完了を目指すと発表した。「東芝ストレージデバイス(以下TSDC)」に承継され、富士通のHDD製造拠点である富士通コンピューター・プロダクツ・コーポレーション・オブ・ザ・フィリピンは「東芝ストレージデバイス・フィリピン社」に、富士通タイランドは「東芝ストレージデバイス・タイ社」に社名を変更し、山形富士通のHDD事業部門を承継した「東芝ストレージデバイス山形」とともに100%子会社となる。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(ニュースクリップ にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form