2009年05月18日

PCチップ市場の縮小に歯止め、AMDがシェアを拡大

IDCによると、PCチップの出荷個数の減少に歯止めがかかっている可能性はあるものの、ネットブック向けプロセッサの出荷個数は33%減少したという。Advanced Micro Devices(AMD)がIntelから市場シェアを奪っているようだ。2009年第1四半期、世界のPCマイクロプロセッサ出荷個数は前期比で10.9%減少したという。
第3四半期から第4四半期にかけての下げ幅は17%だった。AMDは第1四半期、Intelからシェアを奪った。
IDCによると、AMDはノートPCとデスクトップPCの市場で、シェアを拡大したという。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(ニュースクリップ にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form