2009年05月22日

グーグル、辞めそうな社員を見分けるアルゴリズムを開発

Googleはどの従業員が辞めることになるか、従業員自身が自覚する前から見分けられるようになると考えている。Googleは米国時間5月19日、同社の有名なデータ収集と分析の能力を検索結果以上のことに使用していると明らかにした。
Wall Street Journal(WSJ)によると、Googleは、ランチやカラフルに人材引きとめ策に背を向けて同社を辞めてしまう可能性の従業員の数を算定するアルゴリズムを開発したという。数年前まで、シリコンバレーの労働者はGoogleに押し寄せていた。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(ニュースクリップ にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form