2009年06月12日

マイクロソフト、ソフトウェアライセンス事業を新会社へ移管

Microsoftは米国時間6月9日、取り組み始めてから2年が経つソフトウェア保護技術のライセンス供与事業について、分社化する方針を明らかにした。Microsoftは自社のeHome部門や120社の企業に対し、ライセンシング技術を供与してきたが、ここへきて、独立した会社を設立するべきという判断に至った。
名称はInishTechで、アイルランドに本社を置く。
Microsoftは自社で培った技術を新興企業に移管する取り組みを進めており、今回の動きもその一例である。
以前の取り組みの例として挙げられるのはZumobi(旧ZenZui)。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(ニュースクリップ にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form