2009年06月02日

音楽産業における新ビジネスモデルの策定を提言

経済産業省は、デジタル化へと移行している音楽産業のビジネスモデルにおけるあり方について検討会をし、その報告書をまとめた。
同研究会には、座長を務めるユニバーサルミュージック合同会社最高経営責任者兼会長の石坂敬一氏のほかレコード会社の代表など委員と、社団法人レコード協会顧問の田辺攻氏ら3名のオブザーバーが参加している。
多様化や、少子化による縮小など、環境がは変化しているという音楽産業を見直し、新たなビジネス収益モデルを模索する必要性が唱えられている。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(ニュースクリップ にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form