2009年06月08日

性暴力系ゲームソフトの制作が禁止へ

一般社団法人コンピュータソフトウェア倫理機構は6月4日、性暴力を描写したゲームソフトの制作を禁止すると発表した。ゲームソフトをめぐっては、横浜市にゲームソフトメーカーのソフトが、審査を英Amazonに出品。
人権団体が同ソフトの販売禁止を求める抗議活動を多方面から改善要望を求める動きが活発化した。こうした流れの中、メーカーは同ソフトの販売を自粛。
5月22日には、同機構が加盟会社に対して、性暴力系ソフトの制作・販売の自粛をこのほど業界として制作を禁止する自主規制を決定した。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(ニュースクリップ にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form