2009年07月17日

三菱商事、次世代エネルギー事業でスペインのアクシオナ提携

三菱商事は7月14日、総合新エネルギー会社であるスペインのアクシオナと提携したと発表した。太陽光・風力・太陽熱・バイオエネルギーを新エネルギー・環境事業を共同で推進していくとのことだ。両社は、新エネルギー発電事業に温室効果ガスの排出を抑制する建造物、交通システムの構築なども手がけていく予定だ。
提携の第1歩として、アクシオナが保有する太陽光発電事業会社であるポルトガルのアンパーセントラルソーラー(アンパー)の株式34%を三菱商事が取得。
年間発電量はおり、これによりCO2削減効果が見込まれている。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(ニュースクリップ にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form