2009年07月22日

米国特許商標庁、エヌビディアに対するラムバス提訴を却下

NVIDIAは米国時間7月14日、同社が異議を申し立てて追加クレーム8件について、米国特許商標庁(USPTO)がクレームを最初に却下したと発表した。追加されたクレーム8件は、RambusがNVIDIAと係争中の特許2件に基づくものだ。
USPTOは2009年6月に、Rambusが主張していた7件の特許に関するクレーム41件を却下した、とNVIDIAは述べた。Rambusは2008年11月、NVIDIAに対する特許クレームを米国際貿易委員会(ITC)に提出した。
訴えにはメモリコントローラが含まれている。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(ニュースクリップ にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form