2009年08月27日

パーム、人材引き抜きでS・ジョブズ氏の提案を拒否

報道によると、最高経営責任者(CEO)だったEd Colligan氏は、両社の従業員を採用しないことを約束しようという提案を断ったという。「やりとり」に言及している米国時間8月20日付のBloombergの記事によると、Colligan氏は提案は不適当だと述べたという。
両者のやりとりによると、Colligan氏はJobs氏に「個人の希望に関係なく、両社が相手方の社員を雇わないことで合意しようとの提案だが、これは間違ったことであるばかりでなく、違法である可能性が高い」と伝えたという。

2009年08月26日

マイスペースCEO、ソーシャル音楽サービスのiLike買収を正式に認めた

News Corp.傘下にOwen Van Natta氏は米国時間8月19日の電話会見で、17日に報じられていたiLike買収について「契約を結んだ」ことを認めた。シアトルにある本社もそのまま残ることになっており、iLikeのサービスは「買収の影響を受けない」という。
電話会見でVan Natta氏は、買収は大手音楽レーベルとの共同事業である「MySpace Music」部門のためというよりは、点を挙げた。
技術を取り上げ、MySpaceの既存サービスの一部に組み入れていく計画だと示唆した。

2009年08月25日

HP、5-7月期決算を発表

米国時間8月18日、2009会計年度第3四半期(5-7月期)の決算を発表した。事業で売上高が減少したことから、GAAP(米国一般会計原則)ベースの純利益は前年同期比で19%減少した。第3四半期におけるGAAPベースの純利益は16億ドル(希薄化後1株あたり67セント)で、20億ドル(希薄化後1株あたり80セント)から減少した。
純利益は22億ドル(希薄化後1株あたり91セント)となる。
 アナリストらは、利益が82~92セント、売上高が268~277億ドルと予想していた。

2009年08月19日

ソニー、PS3関連の発表はあるか?

ケルンで現地時間8月18日に開催されるGamescom Expoにおいて、ソニーが「PLAYSTATION 3」(PS3)に関連する何らか発表を行うのではないかといううわさが飛び交う中、われわれは米CNETで、可能性のあるさまざまなシナリオについて考察してきた。この状況を注視してきた人であれば、ソニーが新型PS3を発表し、価格を299ドルに設定することに人が期待を寄せていることを、ご存じだろう。
正確に言えば小売業者は、在庫を抱えている。

2009年08月18日

ベライゾン、LTE技術利用の4Gワイヤレス試験を成功

Verizon Wirelessは米国時間8月14日、ボストンとシアトルにおいてテストを完了したと発表した。Verizonは、データ通信を、同サービスを最初に展開する予定である2つの都市、ボストンとシアトルにおいて正常に完了した。
Verizonは、米連邦通信委員会(FCC)のオークションで落札した700MHzの帯域を使用して、同ネットワークを構築している。テストの一環としてボストンとシアトルにはLTE 4Gセルサイトが設置され、700MHzの帯域で稼働している。

2009年08月13日

電通Q1決算、営業利益が70.9%減

電通は8月10日、2010年3月期第1四半期の連結決算を発表した。広告支出が落ち込んだことで、売上高、営業利益ともに大きく落ち込んだ。売上高は前年同期比18.2%減の3810億8700万円、営業利益は同70.9%減の13億6100万円、経常利益は同59.2%減の26億2300万円となった。
売上高が前年同期比17.2%減の3699億4300万円、営業利益が同55.1%減の19億8000万円。
売上高が同21.5%減の112億1600万円、営業損失は前年同期から赤字幅が12億6300万円拡大し、21億6200万円となった。

2009年08月12日

EUオンブズマン、インテル罰金裁定で欧州委員会を批判

The Wall Street Journal(WSJ)は米国時間8月7日、欧州連合(EU)のオンブズマンがIntelに関する問題について独占禁止監視機関を批判し、同社側に問題がないことを証明する証拠を同監視機関が除外していたと述べたことを報じた。Intelはおり、欧州委員会では、理由について、同社が違法な反競争的慣習を実施し、x86アーキテクチャを使用したコンピュータチップの市場から競合企業を排除していたためと述べた。
この調査は、競合であるAMDからの訴えを受けて実施されていた。

2009年08月11日

シスコ第4四半期決算

ネットワーク機器大手のCisco Systemsが、2009会計年度第4四半期(2009年7月25日締め)の決算を発表した。業績はアナリストや同社が予想していた範囲に収まっており、最高経営責任者(CEO)であるJohn Chambers氏は、通常に戻りつつあると語った。決算報告は米国時間8月5日、株式市場の取引時間終了後に行われた。
売り上げは85億ドルで、前年同期の104億ドルから18%減少した。
前年同期は20億ドル(1株あたり33セント)だった。

2009年08月10日

EA第1四半期、2億3400万ドルの純損失

EAが第1四半期(4-5月期)の決算を発表した米国時間8月4日に伝えたかったのは、ようだった。
当期決算の主要数値は、良い部分も悪い部分も示す結果だった。純損失は、前年同期の9500万ドル(1株当たり30セント)よりも悪化し、2億3400万ドル(同72セント)を計上した。他方では、今夏の主要作品である6月2日に発売されてから370万本を売り上げるなど、好調な滑り出しだったようだ。EAによると、当期の純売上高は8億400万ドルから20%減少したという。

2009年08月07日

「Bing」、マイクロソフトの検索シェア微増に貢献

ウェブ分析企業StatCounterは米国時間8月3日、「Bing」によって米国検索市場におけるシェアが増加したという分析結果を発表した。シェアは、9.41%であった。MicrosoftとYahooを合わせた市場シェアは19.27%から増加した。
市場シェアを誇るGoogleの7月のシェアは、78.48%からわずかに減少し、77.54%であった。MicrosoftとYahooは先週、MicrosoftがYahooに検索機能を提供し、Yahooが優良広告主に対しワールドワイドで販売契約を結ぶという提携にこぎつけた。

2009年08月06日

NEC、NEC電力エンジニアリングの全事業を吸収

NECは、NEC電力エンジニアリングの全事業を10月1日付けで吸収、統合し、電力マーケットに対する営業体制をNECに一元化する。NEC電力エンジニアリングは関東地域を中心に、これまで電力マーケット専門の通信機器やITシステムなどを提供してきた。
製品・サービス事業部門や営業部門と密接に連携させると統一した営業戦略のもとで提案活動をしていくという。NECは4月、これまで事業分野ごとに持って営業機能を統合して営業窓口を化している。
再編もこの流れの一環とのことだ。

2009年08月05日

IDC Japan、2009年の国内IT市場予測を下方修正

IDC Japanは7月30日、2009年の国内IT市場規模予測を前年比5.6%減に下方修正した。この予測は、2009年第1四半期(1月~3月)の実績、ユーザー調査(5月実施)および景気動向などに基づくもの。
予測では前年比3.8%減としていたが、11兆9365億円と予測した。大幅な下方修正は、影響を規模が、経済危機に伴って縮小する見通しとなったことが主な要因だという。
2009年は、市場(ITサービス市場、パッケージソフトウェア市場、ハードウェア市場)のすべてが縮小する。